小規模な引越しで安い業者はどこ?

小規模な引っ越しこそ、赤帽が第一候補

軽自動車を使った運送業として知られる赤帽は、小規模な引っ越しであれば非常に安価にできるようになっています。
赤帽は、軽トラック(積載重量は350kg)までの荷物であればかなりコストは抑えられる業者です。

 

ただし、荷物が乗り切らない、移動距離が20kmを超える、土日祝日など、
料金が割増で加算されるポイントに注意しましょう。

 

最安値で引っ越すには?


注意しなければいけないところ

メリットばかりではないのが、赤帽を利用するうえで注意しなければいけないところです。それは、梱包などに関して自分ですべて行わなければならず、小規模な引っ越しであるとはいえ、ドライバー1人で載せたりおろしたりできない荷物に関しては、手伝う必要も出てくるということです。

 

軽トラックであるということも忘れてはいけません。
最初に書きましたが、積載重量は350kgまでであり、容積も決して大きくはありません。これに乗らない量になってしまうと、せっかくのメリットを失ってしまうことになるため、小規模な引っ越し向きであるといえるのです。

 

小規模な引っ越しであるからこそ、赤帽を使い価格を抑えるメリットが生まれてきます。そのためには、手間に対しても対応することができることが求められます。どんな人でもこういった条件に当てはまることはありませんが、小規模な引越しで自分で準備して安くしたいと思うのであれば、最も適した選択であるといえるでしょう。

 

赤帽と比較検討すべきは?

軽トラを使うほど荷物がないようなら、日通やクロネコヤマトの単身パックのほうが安いですし、反対に、もっと荷物が多いなら通常の引越しの単身プランがおすすめです。

 

 

赤帽にはない、ダンボールの無料サービスが付く業者もおすすめ
 小規模の引っ越しの見積もりが安くなるサイト

小規模な引越しで安い業者はどこでしょうか?関連情報

近距離の引越し
近距離での引越しを考えた場合には、距離か時間で料金を換算する赤帽が料金的に有利になってくる。ただし、積載量が350kgしかないという点と、梱包や積載を手伝ったりしなければいけないことを考慮しなければいけない。
引越しの時には水道をいつ止めたらいいのだろう?
引越しの時には、ライフラインの一つである水道も手続きをしなければいけない。1週間前には終わらせておき予約も取っておくと、引越し当日に料金の精算をすることができる。
引越しで免許書の変更はどうしたらいいでしょう?
引越しすると、免許証の記載住所に違いが出てくるため、変更の手続きをしなければ身分証明として使えなくなる。変更には新しい住所の証明が必要になるため、転入届とともに住民票を取得しておくと手間がかからなくなる。