赤帽の引っ越し見積もりガイド

赤帽の引っ越し見積もりが安くなる条件とは?

赤帽の引っ越し料金の最安値は、料金表に載っている基本料金の範囲内で引っ越しすることです。

 

赤帽引っ越し見積もりの基本料金:13,500円~
(赤帽車1台、ドライバーひとり、平日、20km未満、2時間以内)

 

基本料金の赤帽車の積載量
赤帽の見積もり料金と赤帽車の積載量

 

最安値の条件をまとめると、赤帽車に乗り切る荷物の量で、ドライバーひとりで対応できること、平日で、移動距離は20km未満、2時間以内の引越しということになります。
基本料金の設定から外れた部分は料金が加算されます。
 
「赤帽の車だとスペースが余りそう」とか「荷物が乗り切るか不安・・・」そんな時には、他の業者も比較してみると失敗がありません。
荷物の量に合わせた業者を選ぶのが一番安いです。

 

お近くの赤帽に見積もりしておいて、リクルートが運営するSUUMOという引越し見積もりで何社か選んで相見積もりしてみて下さい。
荷物の量にあった適切な料金がわかります。

 


赤帽の引っ越しとは?

赤帽の引越し見積もりガイド

赤帽の安い引越しは、引越しの規模が小さいことが条件となってきます。
どれくらいの荷物でどれくらいの移動距離なら安くなるのか、また、安く引っ越しためにはどうしたらいいのかまとめておきました。新しい土地での新生活の準備に、ぜひご活用ください。

 

赤帽の料金が高くなるケース

下記の状況だと、赤帽の基本料金表よりも割増になります。注意して下さい。

  • 移動距離20km以上(割増料金
  • 軽トラックだと荷物が乗らない(トラック2台分になる
  • 1人運べない重い荷物がある(赤帽は基本ドライバー1人しか来ません)
  • 土日祝日に引越したい(2割増し
  • 梱包材を準備する時間がない(ダンボールなどの無料サービスなし

 

例えば、土日祝日なら2割増…という感じで、お引越しの条件によって見積もり料金がが変わります。

 

もし、最安値で引っ越ししたいなら、
赤帽と合わせて、他社の見積もりをとっておくと一番安い料金を選べるのでおすすめです。

 

基本料金の条件にあてはまらない場合には、他社との比較も検討して。

例えばですが、赤帽の引っ越し見積もりをすると料金が高くなってしまう、20km以上の県内程度の引っ越しの場合、ふつうの引越し業者で相見積もりするとこんな感じになります。
この最安値と赤帽の見積もりを比較して安い方を選ぶのがダンゼンお得です。

 

赤帽と類似の引越し見積もりの例

 

 最安値の引っ越し見積もりをするならこちら

 

赤帽の引越しはどんな人におすすめですか?

赤帽の引越しは、単身の引越しや、学生さんの引越しなど荷物が少ないはじめてのお引越しに特におすすめです。
引っ越し専門業者ではなくて、赤帽は個人事業者で軽トラックの運送を行っています。赤帽の引っ越し便は、配送業のひとつです。規模の小さい引っ越しに対応した、安い引越屋さんといえるでしょう。
赤帽の引っ越しがおすすめの人の条件を、もう少し細かくお伝えしておきますね。

 

赤帽の引越し見積もりは直接こちらからもとれます

全国赤帽軽自動車運送共同組合連合会

 

それから、赤帽とよく比較されるのが、ヤマト運輸のクロネコヤマトの引越センターです。
クロネコ引越しの定番は、単身パックです。こちらは、赤帽とは違ってコンテナで運ぶタイプの引越しです。
クロネコヤマトの引越しを安くする

 

単身の引越や学生の引っ越し

安い引越屋として活用する場合、単身や学生の引っ越しが特におすすめです。一人暮らしだと、軽トラックが350kgの積載に間に合うことが多いからです。
つまり、引越しの荷物の量に制限があり、ある程度少ない人が向いています。

 

荷物の梱包が出来る人ならGOOD

梱包

赤帽を安い引越屋として利用するのであれば、自分で梱包は必須。
荷物を運ぶドライバーは一人なので、場合によっては、搬出や搬入時には手伝ってあげる必要性も出てくることも・・・。こういった作業は苦ではないと思う人であれば、引っ越し便は、驚くほど安く上げることができます。
ただし、「梱包する時間がない」という人は、引越し専門業者の単身パックや単身プランを使うほうが負担が少ないと思います。

 

「友達にお手伝いを頼んでお礼をするよりも、赤帽の方が安い!」という声もあるくらいなので、兎に角、安くしたいならとってもおすすめです。
ただし、ダンボール等の梱包材は自分で準備しないと赤帽のメリットは最大限に生かしきれません。
この辺りも注意点ですね!

 

料金をさらに安くするには?

この上で、さらに安くする方法です。
赤帽で見積もりする前に、他社の料金やサービス内容を把握しておくことです。

 

「○○社では、ダンボールサービスでしたよ??」と言えるだけで、値引き交渉できたりしますよね?

 

そこで、おすすめの見積もり方法は、業者から連絡が来る前に相場がわかる一括見積りです。相場がわかればふっかけられることもないし、他社のサービス内容を伝えればオマケしてもらえるかも?
ダンボール分でも安くなれば、ラッキーですね。
安い見積もりをとって、赤帽の見積もりと比較することで、間違いなく安い引越しができます。
規模の小さい引っ越しだからこそ、
1万、2万の差は大きいですよね。

 

見積もり方法は重要です。

 

おすすめの見積もり方法はこちら

 

 

赤帽の引っ越しで良くある質問

 

赤帽でダンボールはもらえますか?

赤帽ダンボール

ダンボールは赤帽で用意してはもらえません。
個人事業者なので、中にはそういったサービスを行っているところもありますが、ほんのわずかであるといえるでしょう。

 

実は赤帽ではダンボールを購入することもできるのですが、特別にな安いものではありません。
だから、段ボールでお金をかけると、赤帽で節約するメリットが薄くなってしまいます。
できれば、自分でダンボールを用意して梱包するのがおすすめです。

 

基本的に一台をチャーターすることになるため、荷物によっては梱包をしないでも依頼することが可能です。例えば、小さい整理ダンスの中の衣類などでしょうか?
ですが、できることならしっかりとした梱包をして、運送中の事故を減らすということが必要になってくるといえるでしょう。

 

もし、ダンボールがタダで欲しいなら、荷物がある程度あるはずなので、他社と相見積もりをとってみるのもおすすめですよ。
ダンボールは無料でサービスしてくれるところもありますから。

 

 ダンボール無料のサービスがあるのはこちら

 

個人事業者で軽トラックの運送を行っている赤帽の引っ越し便はとても便利です。また、個人事業者なので場合によっては融通がききます。車一台とドライバーをチャーターする形になるために、引っ越し専門業者と比較しても格安な料金です。
規模の小さい引っ越しだからこそ、上手に見積もりして、「安い引越し」を目指しましょう!

 

そのほうが、新生活へお金を回せるしいいですよね。当サイトの赤帽引越し情報をぜひお役立て下さいね。

 

引越メモ

整理するための段ボールに利用料が必要な引越し会社は確かにあります。
赤帽の引越しもそのひとつです。引越しの荷解きの最中の捨てるべきものの処理にも費用が発生する場合もままあります。結局は、全部を合計したお金を比較した上で選出するのが最善策なのです。
近い所への引越しにぴったりな会社、他の都道府県への引越しを好む会社など色々あります。個別に見積もりを計算してもらうなんてことは、あまりにも煩雑な作業が増えることになります。

 

契約前に各々の引越し業者の普通のプランの作業項目や料金の比較に着手しないで、見積もりを行ってもらうことは、値引き交渉の議長を引越し業者へ贈与しているようなもんです。

 

作業項目を比較してみると、今まで考えていなかった会社の方に価格面で魅力が出てくる、という経験をしたことのある人も多いでしょう。料金だけでなく、受けられるサービスの種類においても確実に比較可能な一括見積もりをお願いすることが最良の手法です。

 

赤帽の場合は、荷造りを自分で行うのがポイント

赤帽の引越しを使う場合は、引越しの荷造りは自分で行う必要があります。
独自のケースにボリュームのない移送物を詰め込んで、自分以外の段ボールなどと併せて搬送する引越し単身パックを活用すると、料金がダントツで下がるというアピールポイントが存在します。
事務室の引越しを委託したい時もありますよね。名前をよく聞くような引越し業者だったら、ほぼオフィスの引越しを受け付けてくれるでしょう。
このごろ、ネット上で噂の一括引越し見積もりサイトを訪問する学生の増加数が顕著だそうです。ご多分に漏れず、引越し費用比較サイトの種類も右肩上がりになっているのです。

 

新生活の準備を始める初春は、春夏秋冬の中で飛びぬけて引越し日を押さえにくくなる時季になります。この引越しが集中する頃は大手企業も中小業者も引越し料金の支払い額が多くなるようにしています。

 

余分な特別なアシストなどを依頼しないで、簡易に引越し会社の単身の引越し内容を使うなら、その代金は大変安値になるでしょう。
独居老人など運搬物の量が大量ではない引越しを計画中なら単身パックを利用すると、引越し料金を結構節約することが可能になります。なんと、1万1千円とか、1万6千円程度で引越しできることもあります。

 

引越し料金の計算方法は曜日如何で少なからず上下します。大半の会社員が自宅にいる土日祝は値上げされていることが往々にしてあるので、お得に行いたいと考えるのであれば、土日祝を外すべきでしょう。

 

もし、引越し料金を安くしたいなら比較は必須です

日本の引越し料金は搬送距離や時間数、引越しの調度品などを揚げ降ろすシチュエーションにより差がつきますから、本当のところは複数の業者の見積もりを較べなければ決定できないと言えます。

 

近隣への引越しをするのであれば割合低額で実現可能です。しかし、運搬時間が長い場合はそういう訳にはいきません。さらに、移動距離が長すぎると引越し業者に嫌がられることも珍しくありません。
多くの訪問見積もりでは、引越し業者に家に入ってもらって、詳細な部屋の具合を確かめて、厳密な料金を提示してもらうと予想されますが、急いで決定しなくてもOKです。

 

地場の引越し業者も長時間かかる引越しにはお金がかかるから、すんなりとディスカウントできないのです。入念に比較し精査してから引越し業者に目星をつけなければ、割高になるだけになります。