引越しで水道はいつ止める?

引っ越しするときには水道は1週間前に

 

人間が生きていくうえで、なくてはならないライフラインですから、引っ越しをするときには必ず連絡を入れて使えるようにするとともに、旧居の使用を止めることを通達しなければいけません。
水道もその中の一つですが、中止の手続きと使用開始の手続きになってきます。

 

中止の手続きは、引っ越しの1週間前に行えば問題がありません。
他のものよりも直前で行えるものでもありますが、祝祭日の問題なども絡むため、受付されないこともありますから、余裕をもって手続きを進めることが必要といえるでしょう。
手続きの方法ですが、電話かホームページになり、どちらも氏名や住所を伝えることになるのですが、お客様番号というものが必要になってくるのが水道の特徴です。
伝票に記載されていますので、こちらを確認しておくことが大切です。

 

引っ越しの当日、それまでの料金を支払う必要があります。
その場で清算することもできますが、予約を取っておかなければいけない部分でもありますので、こういった面からも事前に進めておくことが必要といえるでしょう。
どうしても、現地清算ができない場合には、口座振替や請求書を引っ越し先に送ってもらうこともできます。

 

使用の開始手続きは、引っ越し前に連絡しておく場合もありますが、そのまま水道を使用することができるときもあります。
使用を始めたら、開始申し込みはがきがあるはずですので、必要事項を記入の上投函しておくことが大切なのです。

引越しの時には水道をいつ止めたらいいのだろう?関連情報

小規模な引越しで安い業者はどこでしょうか?
小規模な引越しを考えている場合、荷物が少ないということと軽量であるということを踏まえ、業者として赤帽を使っていけば安く上げられるといえる。ただし、手間が増えるために対応できるかどうか検討しておく必要がある。
近距離の引越し
近距離での引越しを考えた場合には、距離か時間で料金を換算する赤帽が料金的に有利になってくる。ただし、積載量が350kgしかないという点と、梱包や積載を手伝ったりしなければいけないことを考慮しなければいけない。
引越しで免許書の変更はどうしたらいいでしょう?
引越しすると、免許証の記載住所に違いが出てくるため、変更の手続きをしなければ身分証明として使えなくなる。変更には新しい住所の証明が必要になるため、転入届とともに住民票を取得しておくと手間がかからなくなる。