引越しの時の免許の変更

引っ越し後には免許証の更新を

 

車を運転するうえで、免許証は必須のものであり、身分証明にも使う大事なものです。
中に住所が記載されているために証明することができるわけですから、引っ越しした場合には変更をすることになります。
自動車の運転を考えた場合、住所変更は絶対に必要ではありません。
しかし、更新時の問題や、身分証明として考えていくと、引っ越し後に変更しなければ使えないともいえるわけです。

 

免許証の変更に必要なものとして、変更届がありますが、引っ越しした新しい住所を証明しなければいけません。
引っ越しをした後のことを考えると、住民票を使うことになりますので、転入届を出した際に取得しておくと便利になります。
これに伴い、印鑑が必要になりますが、こちらは印鑑証明が必要になるわけではないので、認印でも済ますことができます。

 

引っ越しで住所が変わるときに、都道府県が変更になった場合、免許証の写真が必要になることがあります。
都道府県単位で対応が違うために、確認しなければいけない事項といえるでしょう。
もう一つ、代理人による変更手続きですが、こちらも都道府県単位で違いがあります。
今まではできたのにと思っても、変更になってきているところも多いため、要確認といえるのです。

引越しで免許書の変更はどうしたらいいでしょう?関連情報

小規模な引越しで安い業者はどこでしょうか?
小規模な引越しを考えている場合、荷物が少ないということと軽量であるということを踏まえ、業者として赤帽を使っていけば安く上げられるといえる。ただし、手間が増えるために対応できるかどうか検討しておく必要がある。
近距離の引越し
近距離での引越しを考えた場合には、距離か時間で料金を換算する赤帽が料金的に有利になってくる。ただし、積載量が350kgしかないという点と、梱包や積載を手伝ったりしなければいけないことを考慮しなければいけない。
引越しの時には水道をいつ止めたらいいのだろう?
引越しの時には、ライフラインの一つである水道も手続きをしなければいけない。1週間前には終わらせておき予約も取っておくと、引越し当日に料金の精算をすることができる。