引越しの時の役所での手続き

引っ越しに伴う役所で行う手続き

 

引っ越しをしなければいけなくなった時、手続き的にやらなければいけなくなることは、とにかくたくさん存在します。
銀行などの問題もあったりしますが、必ずやっておかなければいけないことに役所の手続きがあるのです。
引っ越しに伴い、転出と転入になるのですが、住所が変わることで行っておかないと、他のことも滞る可能性があるため、優先的に行わなければいけません。

 

まずは転出届けを現在の役所に提出します。
その後、14日以内に新しい引っ越し先に転入届を提出するのですが、実はこれだけではないのです。

 

引っ越しで住所が変わってしまうために、印鑑登録が使えなくなります。
つまり、実印の効力がなくなってしまうため、廃止届を出して新しい住所で登録を行いなおさなければいけません。

 

年金もあります。
厚生年金であればいりませんが、国民年金の場合には、引っ越しした住所に変更の手続きをしなければいけません。

 

犬を飼っている場合には、登録住所の変更を行わなければいけません。
新しい住所の役所で、古い鑑札を渡して、再登録を行うことになりますが、各自治体によって違いがあります。

 

ここまで行ったとしても、あくまで公的なことだけです。
ですが、公的なことを行っておかなければ、郵便物の届け先の変更などにも支障が出ますし、運転免許証の問題も出てきてしまうため、とにかく早く行っておくことが大切なのです。

引越しをするときに役所の手続きでしなければいけないことは関連情報

よく聞くけど、赤帽とは何ですか?軽自動車を使った貨物便の共同組合
赤帽とは、全国赤帽軽自動車運商協同組合連合会を指している言葉であり、組合に加盟した軽トラックを使った個人事業者の運送業を指す。そのため、名前は同じようでも、すべて別の事業者であるといえる。
家具が1つだけの引越しです。配送でいけますか?
引越しを考える場合に、家具1つだけに限定できるのであれば、赤帽を利用する方法のほかに、クロネコヤマトの家財宅急便を利用していく方法がある。梱包運び出しから開梱まで行ってもらえるため便利な配送になっている。
引越しの荷造り、そんなときに便利なコツ
引越しの時には、荷造りの仕方ひとつで手間も時間も変わるといっても過言ではない。適切にしなければいけないと約款で定められており、安全を考えて梱包することも重要で効率よく進めていくことができるようになる。
引越ししようと思って出てきた不用品は処分したほうがいいのか
不要品を処分するということは、引越しの荷物を減らし、かかる費用も軽減することができるようになる。中にはリサイクルに出すことにより、思わぬ対価を得られるものもあるため、積極的に利用するべきである。