引越しの荷造りのコツ

引っ越しの荷造りにはコツと注意がある

 

引っ越しの時に、絶対にしていくことが荷造りです。
すべて引っ越し業者にお願いすることもできますが、大切なものは自分でしたいと思うでしょうし、費用を節減するために自分で行う場合も増えてきました。
その際には注意しなければいけないことと、コツがあります。

 

荷物は、運送に適するようにしなければいけません。
これは、標準引越運送約款にも謳われているように、自分で梱包した荷物は適切でなければいけないのです。
引っ越しの際に注意されることがありますが、これは業者が要求しなければいけないと取り決められているからなのです。

 

コツとしては、本や雑誌は紐掛けなどにしないということがあります。
どうしてもやってしまいがちではありますが、引っ越しするときにほどけてしまうことも多いため、箱詰めにすることが正解です。
重量が重くなりやすいものでもあるため、小さなものを数多くするのもコツです。
あまりに一つの荷物が重くなってしまうと、引っ越しの時に持てなくなることもあるのです。

 

荷造り用の段ボールは、多めに用意しておくと便利です。
さらに、中身がわかるように、簡単でもいいので梱包の時を記しておくと、開梱の時に迷わないだけではなく、積み込みの際にも失敗せずに済みます。
あらかじめ書き込んでしまうと、何を入れるか迷ったりもしますので、荷造りをしてから書き込み、通し番号を振っておくとわかりやすくなります。

 

最も大切なことは、段ボールの底はガムテープで止めるということです。
底抜けしてしまえば、元も子もなくなってしまいます。
角にも張ってしまう人もいますが、手が滑ることも出てきますので、貼り付けないようにしておくと安全なのです。

引越しの荷造り、そんなときに便利なコツ関連情報

よく聞くけど、赤帽とは何ですか?軽自動車を使った貨物便の共同組合
赤帽とは、全国赤帽軽自動車運商協同組合連合会を指している言葉であり、組合に加盟した軽トラックを使った個人事業者の運送業を指す。そのため、名前は同じようでも、すべて別の事業者であるといえる。
家具が1つだけの引越しです。配送でいけますか?
引越しを考える場合に、家具1つだけに限定できるのであれば、赤帽を利用する方法のほかに、クロネコヤマトの家財宅急便を利用していく方法がある。梱包運び出しから開梱まで行ってもらえるため便利な配送になっている。
引越ししようと思って出てきた不用品は処分したほうがいいのか
不要品を処分するということは、引越しの荷物を減らし、かかる費用も軽減することができるようになる。中にはリサイクルに出すことにより、思わぬ対価を得られるものもあるため、積極的に利用するべきである。
引越しをするときに役所の手続きでしなければいけないことは
役所での手続きには、引っ越しに伴う転入転出の届けがあるが、住所が変更になることによって、印鑑登録の変更や国民年金の住所変更手続きを行わなければいけなくなる。早目に行うことで、他の変更もスムーズに進めることができる。