赤帽とは何ですか?

赤帽とは運送個人事業者の協同組合を指す

 

赤帽とは何かといえば、全国赤帽軽自動車運送協同組合連合会というのが正式名称になります。
軽トラックを使っている個人事業者の運送業に当たり、その協同組合であると解釈することが正しいといえるでしょう。
そのため、赤帽という名前を使ってはいますが、みな別の事業者として独立しているのです。

 

各都道府県単位に組織が作られ、その下にセンターと呼ばれる支部組織などが存在し、さらに個人事業者が営業所として連なっていきます。
基本的に車一台をチャーターするのが赤帽の基本であり、一般の貨物では間に合わないものを運ぶ緊急的な意味合いが強くあります。
そのため、合積みの便よりも高額になりやすいわけですが、チャーターしている分だけ直行便となり、早く荷物を届けることができるようになるのです。
緊急貨物といえば、都市部ではバイク便がありますが、赤帽のほうが歴史が古く、荷物の嵩があっても対応できることから、地方便でははるかに活躍しているのです。

 

料金的に高いイメージがついている部分もあります。
車をチャーターするわけですから、合積みよりも荷物単位では高額になってしまうのは仕方ありません。
しかし、これを逆手に取り、量の少ない引っ越しなどに活用することで、他車よりもはるかに安い手段として使えるようになってきてもいるのです。

よく聞くけど、赤帽とは何ですか?軽自動車を使った貨物便の共同組合関連情報

家具が1つだけの引越しです。配送でいけますか?
引越しを考える場合に、家具1つだけに限定できるのであれば、赤帽を利用する方法のほかに、クロネコヤマトの家財宅急便を利用していく方法がある。梱包運び出しから開梱まで行ってもらえるため便利な配送になっている。
引越しの荷造り、そんなときに便利なコツ
引越しの時には、荷造りの仕方ひとつで手間も時間も変わるといっても過言ではない。適切にしなければいけないと約款で定められており、安全を考えて梱包することも重要で効率よく進めていくことができるようになる。
引越ししようと思って出てきた不用品は処分したほうがいいのか
不要品を処分するということは、引越しの荷物を減らし、かかる費用も軽減することができるようになる。中にはリサイクルに出すことにより、思わぬ対価を得られるものもあるため、積極的に利用するべきである。
引越しをするときに役所の手続きでしなければいけないことは
役所での手続きには、引っ越しに伴う転入転出の届けがあるが、住所が変更になることによって、印鑑登録の変更や国民年金の住所変更手続きを行わなければいけなくなる。早目に行うことで、他の変更もスムーズに進めることができる。