赤帽と宅配便は運送業でも全く別の方式

赤帽の引越しは宅配便とは違うチャーター便

赤帽は配送業者ですが、軽トラックを貸し切るチャーター便で引越し業務も受付ています。小さな引越しの場合、宅配便(宅急便)で荷物を送る場合にありますよね?

 

宅配便との違いは、宅急便は混載(他の人の荷物とまざって運ばれること)ですが、赤帽の場合は時間単位で軽トラック1台を貸し切る形になります。

 

宅配便の引越しと赤帽はどっちがお得?

赤帽の基本料金は、13500円です。
ただし、13500円で納めるには条件があって、まず、軽トラック1台に入る荷物の量というのが大前提です。積載量についてまとめているので確認してみて下さい。。
 赤帽の引越し料金と積載量

 

赤帽と他の業者の料金を比較するなら、SUUMOの一括見積もりが便利です。
他の一括見積もりと違って、
電話番号入力が任意で、メールアドレスに見積もりが届くようにできます。
とても便利なのでお忙しいみなさんにおすすめしています。

 


赤帽と宅配便の違いをもっと詳しく!

運送業の業務形態にはいくつかの形が存在します。

 

中でも、積み合わせ事業とチャーター便での違いは、利用する側でも大きな違いが出てくるといえるでしょう。
一般的な宅配便の場合、荷物は集荷場で集められ、積み合わせ便として各地に配送され、個別に届けられるようなシステムになっています。戸口に回収しに来るようなシステムもありますが、合積みになることが安さの秘訣でもあるわけです。

 

個人事業者の協同組合という形になっている赤帽は、依頼をすると戸口まで回収しに来ますが、荷物一つに対して車一台を手配する形になり、料金は割高になりますが、直接届け先の戸口まで配達するところに違いがあるのです。そのため、急ぎの便などに赤帽は利用されるケースが多いのです。

 

赤帽と宅配便は、運送業ではありますが、システムの根幹から違う事業であるといえます。依頼する側でも、どういった要件で利用することがいいのかということを選定していくことが重要になるわけです。
高そうに見える赤帽ですが、チャーター便ということで引っ越しに使うのであれば、この特性が激安の引っ越しに早変わりすることも、見逃してはいけない点になるのです。

 

赤帽は、宅配便業者なのですか?|赤帽引越し見積もり関連情報

近隣に一人で引越しです。安い業者は?
近隣への一人の引越しを考えた場合、量も少ないことが予想されるために赤帽が最も安い業者になるといえる。荷物の量を抑えることも大切になってくるが、運びやすいようにしておくなど工夫をするとさらに安くすることができる。
布団を荷造りするのに何かコツはあるものか
引越しする際には、布団の荷造りはよく考えておかなければいけない。以前は風呂敷で縛っていたが、現在は便利な袋がある。買った時についてくることもあるが、ない場合には業者に話をすると無料貸与してくれる場合もある。
引越しするときにしなければいけないNTTの対応
引越しが決まった時には、ばたつくことが予想されるため、NTTへの連絡も早く行っておく。電話とWebの方法があるが、Webの場合にはどのエリアに引っ越すのかによって違いが出る。予約制のためにできれば1か月前に終わらせておく。
引越しするとき忘れてはいけない郵便局の届け
引越しをする際には、郵便物が適切に届くように、届けを出す必要がある。最寄りの場所でもいいがWebでもすることができる。1年間は有効であるが、更新することもできるので、必要に応じて手続きを行う必要がある。