単身の引越しは赤帽が一番安いですか?

単身なら引っ越しは赤帽が格安

赤帽で引っ越しを考える場合、単身であれば、驚くほど安く上がることがあります。
そこには明確な理由があり、その理由に当てはまるのであれば、とても安く上げることができるのです。

 

赤帽の場合、車両は軽トラックで350kgの積載が基本です。一般的な業者の場合、小さくても2トン車が基本となってくるため、維持費に差があります。さらには、ドライバー一人だけが来るという点にも違いがあります。

 

個人事業者である赤帽を手配することになるため、一人しか人員は来ません。そのため、荷物を積む場合には、一人でできないものは手伝わなければいけなくなります。こういった点を加味していくと、安くなりやすい条件とは、荷物が少なく手間が少ない単身であるといえるのです。

 

単身の引っ越しの場合、自分で車を手配し、それで終わりにしてしまいたいとも思うはずですが、誰かに手伝ってもらわなければできないものもありますし、車の運転の問題もあるわけです。
業者に依頼すれば、人は来ますし、手間もかかりませんが、そこまでにも継がないことともあり、費用がもったいないと感じます。単身といえども、自力で行おうとしてレンタカーを借りれば、すぐに同じような金額になってしまいます。
それならば、いっそ軽トラックを一台チャーターしてしまったほうが、単身の引っ越しは安く上がるといえるのです。

 

 

安く引越すなら赤帽!その由来とは?

荷物が少ないから安く引越したい!と思ったらまずは赤帽を考えるのが普通ですよね。そんなみんなの見方、赤帽の名前の由来をご存知でしょうか?

 

実は、もともとと赤帽とは平成18年まで続いていた、鉄道駅構内で働くポーターさんのことだったんですよ。彼らが赤い帽子をかぶっていたことから、日本では赤帽の名称でお馴染みでした。現在でも外国に行けば見かけるポーターさんという職業は、大荷物で困っている旅行者の荷物を運ぶのが仕事です。今では完璧なまでに軽トラ運送業者というイメージですが、もとは駅の中で荷物運びをしていたんですね。

 

そして、そんなポーターさんの仕事ぶりに惚れ込んだ赤帽の初代会長が、自分の会社の名前にその名称を付けたということです。会社を興したきっかけは、何でも、大荷物を持っているがために何台ものタクシーに乗車拒否をされて困っていたご老人をお見かけしたことだったとか。困っている人を助けたい!これが今も続く赤帽のモットーなのです。

単身の引越しは赤帽が安いと聞きました。本当ですか?関連情報

激安で引越し赤帽をさらに安くするには?
引越しを業者に依頼した場合、かなりの金額が必要になってくる。単身のように荷物が少なくても、決して安いわけではない。激安で終わらせたい場合には赤帽を依頼する方法もあるが、デメリットもあることを忘れずに依頼する必要がある。
赤帽と引越し業者、安いのはどっち?
赤帽と引越し業者を比べた場合、価格だけをとれば赤帽が圧倒的に安くなりやすい。しかし、梱包の手間や運搬を手伝うなど、安くするだけの理由も存在することから、状況をあてはめ、価格を判断するべきである。
引越しを効率よくする段取り| さらに安く!赤帽引っ越しガイド
段取りをしておくことで、引越しで失敗したと思わないで済むようにすることができる。特に荷物の分け方や、取捨選択を決めておくことで、費用も減らしていけるようになる。
引越し業者で失敗しないための選び方のコツ| さらに安く!赤帽引っ越しガイド
引越し業者の選び方として、見積りを使っていくことがある。価格もサービスも判別することができるうえ、約款の提出や内容の説明ができないようなところは外していくだけでも、失敗しないように選んでいくことができる。
引越しの相場
赤帽の引越し相場はいくら?引越しを考えていく場合、一般の業者と違い、20000円程度の費用の中で納まっていくことがほとんどになる。単身者の場合、荷物も少なく、手間も少ないことから、手伝うことを含めてもかなり有効な方法になってくる。