引越し業者の失敗しない選び方

引っ越し業者の選び方として見積りを使う

引っ越し業者の選び方で注意したいのは、サービスと価格のバランスです・
この二つのバランスが取れていれば満足するといえますし、どちらかに偏ってしまうとトラブルのもとになったりするのです。

 

引っ越し業者には、適正金額というものがあります。
荷物の量や距離によっても変わりますし、ピアノのような特殊な荷物がある場合にも変化しますが、異常に安いようなところは怪しい引っ越し業者と思って間違いありません。

 

極端に安い見積もりがでてきたら、なぜ安いか確認を

引越し業者を選び時には、見積もり比較が基本なのですが、極端に安い見積もりが出てきたら「なぜ安いか」を確認しましょう。

 

「前にひとつ引越しが入っていて帰り便を使うのでこの価格です」

 

こんな感じで理由が明確なら料金が安くても引越し業者の選び方として正解です。
ちなみに、引越し業者は1日に数件の引越しをかけもちするのがふつうなので、2軒目だから雑になるとかはありません。

 

見積もりの比較

引越し業者を選ぶ時に、見積りを参考にするという方法もあります。
他社の見積もりを見せると安くなる業者もいます。絶対的効力はありませんが、経験上、かなり効きます。
引越し業者の見積もりは、内容を証明する意味もありますし、サービスの種類もわかりますので、見積もりを比較してた選び方はまさに王道です。

 

見積もりの時に、約款を提出してこない引っ越し業者は、危険だといえます。
標準引越運送約款といいますが、提出が義務付けられているため、見積りとともに提出されるものなのです。

 

そして、見積りを依頼したときに、手付や内金などという先払いを請求してきた場合も危険だといえるでしょう。
見積りを提出するときには、必ず内容を説明してもらうことが大切です。しっかりと伝えられないようなところでは、安心して任すことができないといえますので、決して依頼してはいけないといえるでしょう。

 

 

万が一の時も安心!大事な荷物はキズをチェックしておくこと!

 

引越しは大事な家財道具一式を移動させるわけですから、時には大きなトラブルを引き起こしかねません。運んでいる間に道路に落としてしまったり、壁にぶつけてしまったりと、故意ではないにしろキズがついたり時には使い物にならなくなってしまうことがないわけではないのです。でも、赤帽の場合、荷物は自分も参加して運ぶケースが多いので、特に大切な荷物は自分で運ぶようにすると良いでしょう。もちろん、あらかじめ厳重に梱包するのはいうまでもありません。といっても、運びづらいものなどはプロにお任せした方が良い場合もあるので、そこは慎重に判断したいものです。

 

また、万が一という時に備えて準備もしておきましょう。例えば、梱包する前にはキズの有無をチェックしておくことです。そして、新居での搬入が終わった後もすぐに荷物をほどいて無事を確かめることが必要です。一定期間が過ぎれば補償制度があっても受けられなくなってしまうからです。もしもの時も準備さえしっかりしておけば、新生活を気持ちよく迎えられるはずです。

引越し業者で失敗しないための選び方のコツ| さらに安く!赤帽引っ越しガイド関連情報

激安で引越し赤帽をさらに安くするには?
引越しを業者に依頼した場合、かなりの金額が必要になってくる。単身のように荷物が少なくても、決して安いわけではない。激安で終わらせたい場合には赤帽を依頼する方法もあるが、デメリットもあることを忘れずに依頼する必要がある。
赤帽と引越し業者、安いのはどっち?
赤帽と引越し業者を比べた場合、価格だけをとれば赤帽が圧倒的に安くなりやすい。しかし、梱包の手間や運搬を手伝うなど、安くするだけの理由も存在することから、状況をあてはめ、価格を判断するべきである。
単身の引越しは赤帽が安いと聞きました。本当ですか?
赤帽を使って引越しを考える場合、車の大きさが限定されることや、ドライバー一人しかおらず手伝う必要も出てくるため、荷物が少ないほうが向いているといえる。その点で単身であれば、驚くほど安く済ますことができるようになる。
引越しを効率よくする段取り| さらに安く!赤帽引っ越しガイド
段取りをしておくことで、引越しで失敗したと思わないで済むようにすることができる。特に荷物の分け方や、取捨選択を決めておくことで、費用も減らしていけるようになる。
引越しの相場
赤帽の引越し相場はいくら?引越しを考えていく場合、一般の業者と違い、20000円程度の費用の中で納まっていくことがほとんどになる。単身者の場合、荷物も少なく、手間も少ないことから、手伝うことを含めてもかなり有効な方法になってくる。