引越しの手順について

引っ越しを効率化できる手順

引っ越しを考える場合には、できるだけ短時間に終わるように手間を減らすことご大切です。負担を減らすことにつながるだけではなく、費用にも響いてくることですから、手順をよく考えておくことが、引っ越しのコツでもあるわけです。

捨てるもの、持っていくものを仕分け

まずは、ざっくりとで大丈夫です。
捨てるものと、新居にもっていくものを分別しましょう。ゴミ出しが間に合わないなら、部屋の一角にまとめるだけでも大丈夫です。この状態で、引越し業者に見積もりを依頼しましょう。

 

できるだけ早く見積もりをとる

引越し料金にも、早期割引きをしている業者があります。だから、見積もりはできるけ早くが正解です。
この時に捨てるがまとまっていれば、「ここの荷物は引越しまでに処分します」とはっきり伝えられますね?荷物の量で引越し料金は変わります。業者を呼ぶ前に仕訳が大切ですよ!

 

そして、できれば、見積もりは相見積もりで

 

荷物の仕分けが出来たら、見積もりをとってみましょう。
下記の見積もりサービスなら、とりあえず、メールでも見積もりがとれるので、特典を見比べて業者を選定して、希望日の第一候補で見積もりしてみましょう。
日付未定でもだいたいの見積もりはとれるのですが、引越し日を明確にしたほうがほうが安い見積もりは出て来やすいです。

 

業者をふるいにかけてた後で、候補に決めた業者には訪問見積もりしてもらうと安心です。
この時に日時や時間は調整が入れられます。

 

「もっと安い日はある?」と聞いて、もし、条件がいい安い日の提案が出てきたら変更してもいいでしょう。

 

↓メールで見積もりはいまのところここだけです。参考にどうぞ。

その他、おさえておきたい手順

 

引っ越しを考える上では、どこに引っ越すのか明確にしてから、部屋の設備などを確認しておかなければいけません。電気のコンセント配置やテレビのアンテナの種類、照明の有無を確認しておくだけでも違いが生まれます。

 

設置するものの中で処分してしまってもいいものや、改めて用意するものがわかるため、業者を手配する際にも何を頼めばいいかがわかりやすくなり、無駄な費用をかけずに済むのです。いらないものが処分できると、引っ越しの量も少なくできるため、確認作業は重要な意味を持ってくるといえるでしょう。

 

行政手続きやライフラインの手続きも重要です。場所が決まり次第行えるものもありますが、転居元のライフラインに関しては、最低でも一週間前には済ませておきたいものです。あとからバタバタすると、それだけでも時間を取られてしまうからです。
こういった手順は、引っ越しの業者が指導してくれるところもあります。チェックシートをもらい、そこから何をしていくのか手順を見ていくことで、忘れたり見逃したりすることなく、確実に終わらせることができるようになっているのです。

 

 

引越しの手順を整理してみよう!関連情報

赤帽チャーターって、何でしょうか?
赤帽チャーターとは、一つの荷物に対して、軽自動車一台を専属で依頼することである。荷主から届け先まで直接運べるため、安全かつ早いのが特徴になるが、運送効率は下がるために価格は上がることになる。
引越しの時に出た粗大ごみの処分で気を付けること
引越しの時に、粗大ごみ処分ができれば、費用を抑えることにもつながってくる。なかなか処分できないものを捨てるチャンスでもあるが、費用がかかったり制限がついたりするため、事前に問い合わせしたり、予定を組んでいく必要がある。