赤帽チャーターについて

赤帽チャーターは一つの荷主の荷物専用

 

単身の引っ越しなどで、できるだけ安くしようと思う場合には、赤帽チャーターが向いていると出てくることが増えました。
安くなることはいいことではありますが、赤帽チャーターというものが何かは、普通の運送業者として考えると、わかりにくい方法といえるかもしれません。

 

一般的な運送業の場合、いろいろな種類の荷物を集荷場同士で運び、そこから個別に運んでいくスタイルになります。
いっぺんに多くの荷物を運ぶことで、かかる経費を抑え単価をさげることができるからなのですが、これは積合せ事業とも呼ばれる方式です。
それに比べて、赤帽チャーターというのは、軽トラック1台を一つの荷物専用で手配することになるのです。

 

赤帽チャーターになることで、荷物は荷主から直接届け先までいくことになります。
集荷場などにおかれることもなく運ばれていくため、間違えられるなどの危険が減り、迅速に届けることが可能になるのです。
その分、効率が落ちるために、価格は高くなってしまうというわけです。

 

しかし、この赤帽チャーターも1台まるまる依頼しているわけですから、引っ越しのように荷物があれば格安になってくる可能性も持っています。
車の維持費も安く上がるために、引っ越し業者に依頼するよりも安く上がるのは、このようなシステムだからこその特徴でもあるのです。

赤帽チャーターって、何でしょうか?関連情報

引越しの手順を整理してみよう!
引越しを考えたときには、できるだけ短時間で終わるように手間を減らし、手順を整理しておくことが大切になる。事前にできるものもあるため、できるだけ早めに終わらせて負担を減らすことが重要になる。
引越しの時に出た粗大ごみの処分で気を付けること
引越しの時に、粗大ごみ処分ができれば、費用を抑えることにもつながってくる。なかなか処分できないものを捨てるチャンスでもあるが、費用がかかったり制限がついたりするため、事前に問い合わせしたり、予定を組んでいく必要がある。