引越し先でのインターネットで確認しておくこと

引っ越しする場合のインターネットの扱い

 

現在の世の中ではなくてはならないものとして、インターネットがあるといえるでしょう。
引っ越しする場合にも、現在の回線の扱いと、新居での開通の手続きと工事を行うようにしなければ使えなくなってしまいますし、無駄なお金を支払うことになりかねません。

 

引っ越しが決まったら、まずは現在使用しているプロバイダーに連絡を入れます。
ホームページを見ると、どういった経路で連絡したらいいのか書いてありますので、その方法にそって手続きを開始します。
問題になるのはその時期ですが、1か月前に連絡できれば問題はありません。
その理由がNTTの工事予約にあります。
電話回線を利用する際にも、光回線にする場合でも、NTTの工事が必要な場合があります。
最長1か月待ちになることがありますので、引っ越しが集中する時期では、できるだけ早く予約をかけることが必要になってくるからなのです。
もし、急きょ決まってしまった場合でも、2週間前には連絡を入れます。

 

インターネットの引っ越しでの手続き的にはこれで終了ですが、確認しておくといいことがいくつかあります。
開通時期や立ち合い、モデムなどの返却、新しいモデムの到着などがあるわけですが、それ以上に引っ越し先での回線速度の確認をしておかなければいけません。
現在のインターネットの速度は、ベストエフォートサービスと呼ばれる手法です。
善処はするが、確約はしないという形であり、思うほど速度が出ない場合もありますし、利用できるレベルにならないことも存在するのです。
その場合には、回線の見直しや、契約方法の変更なども考えなければいけませんので、必ず確認しておくべき事項といえるのです。

引越しのときのインターネット関連情報

赤帽は引越し業者、それとも運送業者?
赤帽は個人事業者の協同組合であり、軽トラックを使った運送業になってくる。その中で、荷物が少ない場合には便利な引越しのサービスも行っている。本業がどちらかわからないほど便利でもある。
赤帽はどこに問い合わせたらいいですか?
引越しに利用するなど赤帽はとても便利ではありますが、協同組合ということで少し特殊性を持っている。問い合せする場合には、直接することもできるし、センターと呼ばれる支部に連絡することでも依頼をかけられる。