冷蔵庫の引越しのコツ

冷蔵庫を引っ越しするときに注意すること

 

引っ越しをする際には、重量のある荷物の取り扱いをどうするのか悩みます。
特に大型家電である冷蔵庫をどう扱うかで、費用の金額が違ったりもするのです。

 

電源をいつ切るのかということも問題になります。
構造上、作業に入る24時間前には冷蔵庫の電源を切っておきたいものです。
そこで計画的に中身を使い切ることも大切です。
氷や霜は解けだせば流れ出してきますので、ふき取っておくと他の物を濡らしたりすることなく運び出せます。
引っ越し前日には電源が切れているのですから、食事についても考えておかなければいけません。
冷蔵庫を使わなくて済むように、外食にしたり、お弁当などで済ましたりするような計画も大切です。
積み込む際には、できるだけ寝かさないようにしなければいけません。
構造上の問題で、現在は平気なものもありますが、それでもできるだけ立てて運ぶことが大切です。
設置する場合には、すぐに電源を入れず、数時間おいてから電源を入れると、故障を防ぎます。
これも構造上の問題ですが、気を付けておかなければいけないことなのです。

 

冷蔵庫は重いものですから、運び出すのも大変です。
なかなか買い替えもできないものでもあるため、引っ越しを機に買い替えを考えてみるというのも一つの手でしょう。
処分するときには、冷蔵庫は家電リサイクル法の対象でもあるため、家電リサイクル券センターで手続きをしなければいけないこともあります。
業者の中には取り扱っているところもありますので、確認してみることも大切です。

冷蔵庫をどうするか、みんな悩む引越しの時関連情報

安く引っ越したいと思ったら、どんな手段が有効になる?
引っ越すときには、いろいろな費用が発生してくるが、できるだけ安く上げるためには、荷物の量を減らしたりすることと、相見積りにして交渉することである。一括査定を使えば、これも簡単に行っていける。
引越しするときには、どこまで挨拶はするのがいいのだろうか
引越しをする際には、旧居と新居であいさつをしておくべきである。向こう三軒両隣ともいうが、上下階にもしておくことで、音などで迷惑をかけるとしても、トラブルに発展しないようにもできる。
引越ししたいと思ったら?まずは見積もりから
引越しする際には、見積もりからスタートしていくことになる。サービスの内容や費用が記載されているだけではなく、約款の提出も判断材料になる。業者としてこれに沿って、書類の提示や確認が義務付けられているからでもある。