衣類を大切に運ぶための荷造りの方法

衣類の中でもたためないものの荷造り

 

引っ越しをする際には、様々なものを梱包することになりますが、中でも扱いに困ってしまうものに、衣類があるといえます。
なんでも一緒に詰め込めるようなものであればいいのですが、衣類の中にはそうは行かないものも多数あるからなのです。

 

衣類は種類別にたたみ、荷造りすることが大切です。
その時には、個別にビニール袋に入れておくと、傷みもせず出しやすくなります。
しっかりと詰めることができるようにもなるため、小さな箱にでもしっかりと入れることができるわけです。
しかし、衣類は意外に重くなりますので、大きな箱を使った場合、詰め込み過ぎないようにしておくと、持ちやすくなりますし、運び出しも簡単に済むようになるのです。

 

衣類の中には、たたむことができないものもあります。
こういったものを無理に荷造りしてしまうと、シワがついてしまい抜けなくなってしまいますし、傷んでしまい取り返しがつかなくなってしまうことがあります。
そこで、ハンガーボックスを利用する方法があるのです。
ハンガーにかけたまま荷造りできるようになっている箱で、縦に吊るしておくことができるため、たたむ必要性がありません。
普段クローゼットに入れているような状況のまま、引っ越し先まで運ぶことができるのです。
簡単に梱包することができるために、とても便利なものになっているのです。
引っ越し業者から購入することになりますが、閉じるときにハンガーの根本を縛らなければいけないなど、たたんでしまう方法とは違いがありますので、事前に確認しておくことが必要です。

衣類の荷造りって、引っ越しの時にどうしてる?関連情報

ベッドのマットレスは引越しの時にどんな扱いをしているの
引っ越しをする上で、容積を取りやすいのがベッドとマットレスになる。とかく大きいマットレスは専用の袋があったりするため、相談してみることが大切になる。価格が高くないものであれば、処分することで費用を下げることもできる。
引越しを考えたときのガスの扱いと方法
引越しするときには、ガス会社に対して中止手続きを行うことになる。清算の問題もあるため、できるだけ早めに手続きをして予約しておくことが大切である。新居では立会いのもと開栓してもらうことになるので、こちらも予約が必要になる。
引越しをする際、賃貸住宅でどこまで掃除をすればいい?
賃貸住宅から引越しする場合には、原状回復することが求められる。掃除することになるが、ハウスクリーニングに頼ることになる。それでも、水回りをきれいにしておくだけで、家主の心象に差がつくことを忘れないようにしたい。