赤帽で引越しする場合の相場

荷物の量で損得が変わる

赤帽は、コストパフォーマンスに優れているということで近年人気が出てきています。
軽トラック1台(最大積載量350㎏)をフル活用できる荷物の量あれば、赤帽のメリットを最大限に享受できます。

 

損得の判定基準は、軽トラ1台を借りて、単身パックより安いかどうかでしょう。
荷物が少なければ、日通やクロネコヤマトなど単身パックの方が安くなる可能性もでてきます。
相見積もりで比較すると損得はすぐ分かります。

 


荷物の以外で比較すべきこと

引越しで気になるのは、料金や相場にですよね。

 

一般的な引っ越し業者の場合、転身者であっても、梱包費用やトラックの代金、スタッフの賃金などを考えるとすぐ10万円などになってきます。
これでも安く上げる方法はあったりしますが、赤帽の場合には12000円から20000円あたりが相場になることもありますから、金額差として考えると単身の引っ越しとしてはかなりの違いになるといえるでしょう。

 

しかし、この相場は単純に比較できない部分も持っています。
それが、赤帽の場合はあくまでもドライバー一人しかいないということです。荷物用の段ボールもありませんから、自分で用意し梱包しておかなければいけません。その上、積み込みも大きなものや重いものになったら手伝う必要性が出てきます。赤帽の場合、単身者に向いているというのは、車のスペースだけではなく、こういった手間の部分もあるからなのです。

 

それでも、赤帽の単価は非常に魅力的であるといえるでしょう。使い方を考え、見極めさえできるのであれば、かなり有効な手段になってくるといえるのです。赤帽の引越しは、個人事業者として荷主と契約して荷物を運ぶ運送屋の特徴を利用してフットワークが軽いのが特徴です。

 

赤帽と他社の引越し相場を比較すると?記事一覧

安く引っ越すために考える方策現在の住居から新たなところへ引っ越すことを決めたとき、できるだけ安くしていきたいと考えるのが...

引っ越しするときに挨拶する時期と範囲最近の風潮かもしれませんが、集合住宅に住んでいても、引っ越しのあいさつというものはし...

引っ越しを依頼する時の見積もりの重要性引っ越しを考える場合に、どんなところに依頼するかということが重要な問題になります。...

冷蔵庫を引っ越しするときに注意すること引っ越しをする際には、重量のある荷物の取り扱いをどうするのか悩みます。特に大型家電...